老人性イボにがり ニベア 尿素

ニベア、にがり、尿素。どれも老人性イボに効果的あり!?

ニベア、にがり、尿素。どれも老人性イボに効果的あり!?

 

 

 

老人性イボを自然な形で治したい。

 

そんな人の間で話題になっているのが
「にがり」や「尿素」「ニベア」を使ったセルフケアです。

 

にがりは天然塩に含まれる成分。

 

尿素は尿中に含まれる有機化合物。

 

そしてニベアは、お馴染みのスキンケアクリームですね。

 

どれも極めて安心な素材で
手に入れやすく、しかもお値段もお手頃!

 

これで本当に老人性イボが
きれいになるなら願ってもないことです。

 

 

今回は、にがり・ニベア・尿素を使った
老人性イボ撃退方法をご紹介いたします。

 

 

 

 

にがりはマグネシウムが老人性イボ改善の鍵

 

 

まずは「にがり」。

 

海水から塩を作る際に残る液体がにがりで、
天然のミネラル成分をたっぷり含んでいます。

 

高い保湿効果もあることから、
昨今ではスキンケア用品にも使われるようになりました。

 

 

このにがり約5ccを洗面器一杯の水もしくはぬるま湯に混ぜ、
顔や首など気になるところにパシャパシャと塗るか、コットンに含ませてパッティングします。

 

最後に水気を拭き取っておしまいです。

 

にがり成分のマグネシウムが肌表面のバリア機能を高め、
肌本来の健康を取り戻すのに役立つため、
続けているうち老人性イボも改善できるとされています。

 

 

にがりは必ず薄めて使うようにしてください。

 

 

 

 

ニベアと尿素は「ハトムギエキス」を混ぜるのがポイント

 

 

次に、ニベアです。

 

昔ながらのニベアの青缶が高級クリームと
成分がほぼ同じなどと最近何かと話題です。

 

このニベアにハトムギエキスの入った
化粧水を混ぜて老人性イボに塗るのです。

 

ハトムギは昔からイボの治療に使われてきました。

 

ハトムギ化粧水はそのままでも
イボや美肌に役立ちそうですが、

 

ニベアと混ぜ合わせることによって保湿効果が加わり、
お肌をしっとりさせてくれるのです。

 

 

小さな容器にニベアとハトムギ化粧水を
適量ずつ混ぜ合わせ、気になる部分にやさしく塗るだけ。

 

 

何度か重ね塗りすることで、
よりしっとりして効果も期待できます。

 

 

尿素にもハトムギエキスの入った化粧水を混ぜ合わせるのが基本です。

 

ニベアと同じく何度か重ね塗りすることをおすすめします。

 

ただ、いずれの場合も、
しばらく続けてみてあまりに効果が感じられない時は、

 

老人性イボに対する有効成分が
含まれている市販のジェルなどを使ってみるのもおすすめです。

 

その際もハトムギエキスが入っているか、しっかりチェックしてください。

 

 

また、バルミトレイン酸が含まれるアンズエキスが配合されていると、
老人性イボの治療効果がさらに期待できます。

 

 

いずれも天然成分なので
自然な形で治したい人にはぴったりですね。

 

⇒老人性イボをコスメで改善するなら!


ホーム RSS購読 サイトマップ