老人性イボティーツリー ハイドロキノン

ハイドロキノンとティーツリーで老人性イボが改善!?

ハイドロキノンとティーツリーで老人性イボが改善!?

 

 

 

 

ハイドロキノンとティーツリー、老人性イボに効くのはどっち?

 

ハイドロキンやティーツリーが
老人性イボの改善に有効だという評判は本当でしょうか。

 

 

ハイドロキノンは高い美白効果があり、
化粧品やスキンケア商品の成分として使用されるほか、
皮膚科で薬として処方されています。

 

 

しかも皮膚科によっては
老人性イボの治療目的で処方することもあるようです。

 

 

一方、ティーツリーはアロマテラピーでもお馴染みの精油で、
抗菌・殺菌作用があることから、

 

風邪やインフルエンザの流行期に用いられたり、
水虫の治療などに役立てられています。

 

 

こうした効能が果たして老人性イボに有効でしょうか?

 

両者についてもう少し詳しく検証してみましょう。

 

 

 

 

老人性イボはシミが発展したもの。ならばハイドロキノンが効く?

 

 

 

ハイドロキノンが美白剤として活用されるのは、
シミの原因となるメラニン色素の活性を抑制するため。

 

 

実は老人性イボもシミの一種。

 

最初は単なるシミだったのが悪化して
ポツポツのイボ状態へと進化してしまったというわけです。

 

 

となると、老人性イボを改善できるのでは?と思いますよね。

 

 

ところがすでにイボになってしまった場合はNGなのです。

 

 

皮膚科では老人性イボをメスで切除するなど外科的治療で取り除き、
炎症後の色素沈着が発生するのを抑えるためにハイドロキノンを処方することがあるのです。

 

 

つまり、
老人性イボに直接作用するわけではない、ということです。

 

 

しかも薬として処方されるくらいですから
副作用の心配もあり、むやみに使用することは避けた方がよさそう。

 

 

 

 

肌を清潔に保てば老人性イボも消える?

 

 

いっぽう、ティーツリーはラベンダーと並んで、
少量なら局部的に直接肌に付けることができるほど安心な精油とされています。

 

 

ティーツリー特有の抗菌作用が肌に
付着したウィルスなどを除去し肌を清潔に保つためには役立ちそう。

 

 

何より清涼感あふれる香りが心身を癒やしてくれます。

 

 

クリームやオイルに数滴混ぜて
お肌をやさしくマッサージすれば皮膚の新陳代謝の活性化をはかることができますね。

 

 

肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促すことにもなります。

 

 

ただ、老人性イボへの直接的な作用は確認できていません。

 

 

老人性イボに有効とされる他の美容成分と一緒に使用した場合に、
それなりの効果が認められることがあるという程度です。

 

ちなみに老人性イボの治療に
有効な成分として、あんずエキスやハトムギエキスがあります。

 

 

これらの成分はプラセンタエキスやヒアルロン酸など
美肌成分と一緒に使うとさらに効能が発揮されるため、
老人性イボ対策のスキンケアジェルなどにも応用されています。

 

 

⇒老人性イボのスキンケアジェルはここ!

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ